【夢の大活用】サインを受け取ったら絶対やるべきこと

夢を具現化する



アストラルトリップといって、アストラル体が体を離れていろんな場所に移動するという現象があります。

それは別に特別な人が特別なことをして行うというモノではありません。
だれでも普通に毎日行っています。夢の中で。

夢というモノは、覚えているいないにかかわらず、毎日見ています。
深い眠りの中にある時、人のアストラル体は肉体を離れます。
そして人が生きていくために必要な情報やエネルギーを受け取るために活動します。

夢って、覚えていたとしてもちょっと変だと思いませんか?
ゾッとする夢もあるし、意味不明な夢もあります。
けれど、意味不明でも覚えている夢には、ハヤコはこだわります。

その意味を考えるし、感じ取ろうとします。
それが家族の夢であればなおさらです。
見た夢の話は、相手が家族であってもあまりしないものですが、それを話してくるのにもわけがあると思うからです。
夢を共有した時点で夢は自分のものにもなります。

夢にこだわって来た結果、わかってきたことをシェアしたいと思います。
夢を大活用しましょう。

夢とアストラル体とエーテル体

眠っている間、エーテル体にエネルギー充電をしたり、肉体に溜っている老廃物を洗い流したり細胞修復したり、情報整理をしたりと、肉体が眠っている間もエーテル体は大変忙しく働いています。休日に行う自動車工場のライン整備のようなものです。なのでエーテル体自体が健全に機能しているかということは意識しておきたいですね。

エーテル体の健康チェック

そんなエーテル体のエネルギー源はといえばプラズマであり、主にアストラル体を通して供給されます。エーテル体が傷ついている場合はなおさら多くのエネルギーを要します。

エーテル体が傷つくのは、深い外傷を負うような時です。エーテル体が修復できないほどの外傷は肉体的に跡が残ります。外傷以外にもエーテル体を傷つけるものがあります。

食べるもの、身につけるもの、吸い込むもの、触れるものなどの中に毒素が含まれていると、一定以上摂取するときエーテル体は病みます。エーテル体が病んで修復し切れないと肉体的に症状が現れます。

その他にも、人の感情が直接エーテル体に響きます。恨み、妬み、憎しみ、怒りなどの負の感情がエーテル体を傷つけます。逆に喜び、幸福感でエーテル体が輝きます。いつもモヤモヤ、クヨクヨしているとエーテル体ももやってくすんできます。

「健全な肉体に健全な精神が宿る」というのは本当で、体が健康だと心の健康を保ちやすいし、心が元気だと体が後からついてきます。「病は気から」とも言いますしね。

エーテル体が健康かどうかは、心の状態をみればわかるということです。
ただ、心というモノは常に同じ状況を保つことが難しいものでもあります。ちょっとしたことで心が揺れやすいのも人間ですし。

意識的に心を整えるのもいいですが、夢は自動的に、しかも本人が意識することがない潜在的な傷みまで癒す働きをエーテル体は持っています。

夢は悩みを克服する働きがある

眠っている時に昼間に起きたことを情報整理しています。
人が悩みとして持っている感情に対して解消できるように促してきます。
例えば何者かに追いかけられる夢は若いころによく見る夢の一つですが、そんな役割があります。

誰かに支配されているとか、小言を言われるとか、注意されるなどして自分を指導する存在に対してだれしも「うっせーわ」と思うことがあるでしょう。あるいは、仕事のノルマに追われているとか、遅刻しないように毎日プレッシャーがかかっているとか。

そういう夢を見る時は何か、心に負担になるものの存在があるハズです。
それに対して意識的に向き合うチャンスが来てくれたのです。心の負担にならなくなる方法を考えて実行すればいいのです。もちろん他者を傷つけることはNGです。心の負担になる因子を呪い殺してしまえ!というのは当然ながら無し。「したことは自分に返ってくる」のが地球の原則だからです。

現実に行動しなくても夢の中で解決することができます。
夢の中で追いかける存在と正面切って向き合ってみることです。
さあ、どう展開するでしょう。
ひょっとしたら夢の中であなたは殺されるかもしれません。
でも、殺される夢は夢診断では「吉夢」とされています。追いかけられる自分は死んで生まれ変わるからです。ただ、これはあくまでの夢の中の話です。実際に自分が悩みを持ったまま死んでしまうとどうなるかといえば、何百年も同じ苦しみの中で過ごすことになるそうなので、やめておきましょう。割に合いません。特に意識的に死を選ぶことは魂的に大きな罪となり、人間として今後生まれられるかどうかわかりません。

生霊が夢に現れた!?

こんなことがありました。
友人の、家族への悩みを聴いていた翌日のことです。
夢の中で、商店街のお店の戸がガラガラと開いたかと思うと、老婆が出てきてわたしの両手をガシッとつかんで「たすけてくれー、たすけてくれー」と揺さぶり始めたのです。

ものすごく怖かったのですが、わたしは思いました。
「これは、友人の家族だ。」と。
でもなぜわたしのところに来なければならないのか?
助けてやりたいのは山々だけれども、ちょいと筋が違いませんか?

「筋が違うよ、お婆さん。ご家族で話し合ってね。」
そう言って、両手を振りほどくと、お婆さんは二度と夢に現れなくなりました。

夢を見た翌日の事。とうぜん夢の話などしないのですが、参考になるかもしれない本を二冊友人にプレゼントしました。「そんなの、いらねーよ」という反応でしたけどね。

引っ越しなどでご縁がなくなったのでその後の顛末はわかりません。
ただ、友人と悩みを共有しただけのつてを頼って来るもんなんだなと。

だれが、って?来ていたのはおばあさんのアストラル体ということになりますね。
生霊とも言います。

こういう存在が飛んでくる場合もありますね。
そういう時は、自分の周りに結界を張ったり、キチンと筋を通してねと追い返したりします。

家族の寝言で生霊の存在が分かった時は、キッチリやらせていただいておりますよ。
寝ている間に生霊や死霊が来ることがありましたが、追っ払えば大丈夫です。今はほとんどありません。

生霊というアストラルアタック受けて、そのまま関係し続けるとエーテル体に影響を及ぼします。生きのいいエーテル体から生霊がエネルギーバンパイアとなってプラズマエネルギーを吸い取ってしまうからです。

逆バージョンもあります。

エーテル体で体験する夢

地球や宇宙存在に「神」という名をつけていたのは日本人です。
草や木、岩、花、風、火、土、水、天空、太陽、星、月など、大自然にあるすべてのものは神でした。

そうしたものの意識と触れ合えるのも夢の特徴です。

地球意識と手のひらタッチする夢を見ました。
というか、「影」のような得体のしれない存在と銭湯で遭遇したのです。(なぜ銭湯?)
そいつがこっちに来ないように裸んぼのわたしが慌てて扉を閉めようとしたとき、手と手が触れてしまったのです。ビリビリと電流が走るような衝撃を受けて、夢の中のわたしは「はーーーーっ!!!」と大声を出して両手のひらを相手に向けて撃退していました。

と同時にゾッとして目覚めたのです。あまりにもリアルな衝撃で。
まだ夜中の2時にもなっていない時間でした。
目覚めたわたしの両手は特に痺れも残っておらず、周囲の家族が眠っていることに半ば安心してバクバクしながらも眠りに就きました。

何だったんだろう。
思い当たる節はありました。
八岐大蛇の真実の物語が世に出たばかりだったということもあって、「地球(八岐大蛇はその一形態)がアクティベートし次元上昇したんだな。その一部をわたしは受け取ったんだ。」と腑に落ちてきました。

その夢の半年後に知るところとなったのはこんな事でした。
日本は龍神の国といわれています。けれども、活性化せず眠りこけている龍神もたくさんいるようです。日本にいる龍神の中でも東日本を仕切っている龍神と西日本を仕切っている大きな龍存在がいるらしいのですが、その二つを結び付けるご神事が行われたのが6月25日にあったことを知りました。わたしがビリビリ夢を見たのが7月2日であり、そこで日本の国土全体のエネルギー自体の上昇を受け取ったことが判明したのです。少々時間差はありましたけど。東京でご神事が行われたとのことですから、伝播するのに時間がかかったのかな?

日本国土を目覚めさせるためのご神事により目覚めた龍が起き上がり、わたしは地球の活性化として受け取ったというわけです。現象的に現れたことといえば、それから4日後、相手がストップしてくれるのを待っていた仕事が本当にストップし、わたしの自由が増えました。
わたし本来の仕事に従事する時間が増えたのです。ハヤコ自身、あのビリビリで目覚めたのでした。

その後、10月ごろ別の夢を見ました。
全身緑のワンピースを着た女が、わたしの両腕をぐっとつかみ、抵抗してもものすごい怪力で離さず、なんだかわからない液体を口移しでわたしに入れてきたのです。おえー。

なんなんだ。あのみどり女は。

このころしきりにタロットメッセージで届いていたのは、地球とのわたしの関係性を教えるものでした。そうか、みどり女は地球のエーテル体なのか。わたしは地球と一体だというということを教えてくれたらしいことが判明しました。わたしだけでなく、生命のあるもの全て、人間も動物も植物も地球のエーテル体を借りていますから、みんな地球の一部であり生き物はみんな親戚なんです。

こういうエーテル的な体験も夢ですることができます。
わたしは地球と一体なのですから、スペースヒーリングを毎日行うことで、わたしだけでなく地球もヒーリングされるのです。そもそも地球や土地のためにスペースヒーリングを始めたんですけどね。自分まで癒されるので助かります。

ハイヤーセルフに関係する夢

アストラル体験としての夢もあります。

白い魚が頭に入ってきた、という夢を冬至の三日前に見ました。

このところ、しきりにタロットメッセージで受け取っていた魔法の森を仕切る「白い魔法使い」。そして白いカラス、白い鮭。

夢を見た瞬間「あ、白い鮭だ。」とわかりました。
頭にはいってきたー!

そこから年明けまで、いくつものメッセージで腑に落ちてきたことは「ハイヤーセルフとの統合」ということでした。そうなのか!?わたしが!?

本当にそうかどうかは現象から読み取りましょう。
ハイヤーセルフと統合すると地球に生まれてきた魂の目的そのままに生きるようになります。わたし自身はそのころスペースヒーリングを開始していました。地球的なミッション卒業が近づいていました。

地球エーテルと共にベースを創り、ハイヤーセルフと統合して始めたといえるスペースヒーリングを続けていると、どんどん意識は上がっていきました。

3週間ほどでご先祖様方と統合しました。するとなぜか玄関硝子が割れました。(どういうこと?)
59日目に国津神との統合が近づくと、ひどいぎっくり腰になりました。それに伴って酷いネガティブが現れました(なぜ?)このような現象は次元上昇テストのようなものだそうなのですが。
66日目に白い光の粒が二つ降りてくるのを肉眼で見たときには天津神の世界に受胎しました。

というようなことが起きていました。

他者の夢を共有する

会ったこともない友人の家族が、友人の悩みの中心人物として、わたしの夢に出てきた話をしました。そういうことってあるんですね。

逆に、他人の夢の続きを自分がアストラルトリップすることがあります。

ある日、連れが「車を盗まれた夢を見た」とわたしにいいました。
ふーん、と答えつつも何の意味なのかを注視していました。どんな現象に現れるのかと。

車というモノは自分や自分のボディを指すことが多いです。盗まれるということをいい面からみれば「心の重圧が消える」「身辺整理ができてよい状態になる」という意味にも取れます。

夢の話から約1か月後、家に姿を表した井戸神さまと宇賀神様がありました。
なるほど、連れが「車を盗まれた」ということは、自我力を手放して井戸神様と宇賀神様に新しい家づくりを阻害している問題の解決をゆだねたことを意味していると解りました。自分が何とか頑張ってつくらねばと肩ひじを張っていたのでしょうね。家督相続者である重荷を少しでも軽減するために、何者かに委ねることを自分に許可したので「盗まれる」という夢をみたのです。

自我力はかたい殻のように魂の周りを遮断してしまうので、神々がサポートに入るスキマがないようです。自助努力とか、自力本願という考え方の限界がそこにあります。努力することはいいのですが、世の中の何事も自分ひとりで出来ることは一つもなく、目に見えない存在と一致団結して進めるのが具現化をスピードアップするコツです。どうやら、連れの心にそのようなスキができたらしいので、井戸神様と引き続き宇賀神様お出ましと相成りました。

ということは、井戸神様も宇賀神様もお出ましになるタイミングを待っていたということになります。こういうところから現実創造のメカニズムが解きほぐされるのではないでしょうか。

意識が行動を変える

夢には「意識」が現れます。
意識というのはエーテル体とアストラル体とメンタル体とコーザル体がまじりあってできています。目に見えないけれども意識があることは誰でもわかりますよね?

追い詰められるような嫌なプレッシャーをかけられると、追いかけられる夢を見ます。
先行き不安で恐怖を感じていると、落ちる夢を見たります。

夢で見て感じたことを探ると自分の「意識」がどのような状態であるかを教えてくれるのです。

自分の「意識」状態を知ると、対策することができます。
行動するのです。

「意識」により「行動」が導き出されます。
行動が新たな局面をもたらし、「意識」の変容を促します。
「変容した意識」が夢に現れます。あるいは、サインとして、気づきとして現れます。
すると、変容した意識による行動を起こします。
行動は新たな局面をもたらします。これを繰り返すと意識は具現化します。

「車が盗まれた夢」を例にしてみましょう。
それは他人が見た夢ですが、共有されました。この時点で個人の夢は個人だけのものではなく、家族が関係する夢だと捕らえます。

夢からのサインは「自我力のガードを手放した」ということです。

それから24日後、井戸神様の出現をわたしの夢で教えられました。
すぐに言われるままに盛り塩をしました。

連れがガードを手放してから24日の間に導かれてしていたことは、ひたすらハヤコ自身の内面を掘って掘って深いトラウマにアプローチすることでした。
夢から15日後トラウマを取り除くと全チャクラが整ったというメッセージを受け取りました。チャクラはエーテル体に存在しており、エーテル体が整ったことを意味します。
夢から17日後家系のミッションを卒業しご先祖様ごと解放されました。
夢から24日後、実働部隊の井戸神様出現という流れでした。

心の奥のトラウマや重たいミッションを解放し、手放すことで龍神様や宇賀神様のメッセージを受け取るスキマができたということです。

この二神が現れてくださって、家族が願っている新しい家づくりはスムーズに動き始めるはずです。とっても心づよい。

ところが、気づきには続きがありました。

中国と日本のお相撲さんがトラック競技で競り合って接触し、
殴り合いのけんかを始めた。という夢を見ました。

場違いなところで競っているのはなぜに・・・?という夢への感想を持ちました。

この夢への解釈はいろいろできるのですが、
どうやら、同じ体格の龍と蛇がケンカをしているらしいと気づきました。
そうなるとゴールできないではないですか。
適材適所、場違いでない部署に担当を決めた方が良いということで、それぞれに担ってほしい役割を取り決めました。

まあ、確かにこの二体はどういう関係にあるのかと少し気にはなっていたかな。
ケンカしないでね。

意識が現実を変えるメカニズム

夢やサイン、メッセージを受け取ったらすべきことをまとめます。

・夢やサイン、メッセージから得た気づきをすぐに行動に移すこと。(神社にお詣りする、盛り塩をする、散歩をする、家族と食事を一緒にとるなど)
・心に溜めた疲れを取り除き、トラウマ、心の膿をすべて手放すこと。(沐浴する、滝浴する、海に行く、心の引っ掛かりを意識にあげる、哀しかったこと、怒ったことの本当の原因を意識化するなど)こうすることでエーテル体が浄化され健康になるので、アストラル体やメンタル体、コーザル体とのリレーションが正常になる。
・トラブルが起きる時は、次元上昇のための気づきが必要な時としてとらえて取り組む。
・神々のサポートが入ったらありがたく受け取る。

具現化のために必要なことは1に気づき、2に気づきに基づいた行動、その繰り返しです。

ハヤコ自身も意識の上では卒業しているものを、具現化している途中であります。

高次元空間をつくるスペースヒーリング~レイキサード以上履修した方のためのスペースヒーリングレクチャー

セイクレッドレベルスオラクル鳳凰
エターナルオラクルカード甘露
龍神カード
フトマニカード

カタカムナ言霊カード□48音思念表□カナカムナ数霊の思念表□カタカム

 

hayakoスペースヒーラー

投稿者プロフィール

『新地球へ虹の橋をかけわが身を神社にする~18チャクラヒーリング』著者
スペースヒーラー、当サイトのスピ担当として体験したアストラルトリップなど投稿します

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る