【10月23日しもはじめてふる】感動的!高尾山の冬に咲く霜の花

霜の花



10月23日は、台風一過、風が残って寒い一日でした。歳時記では「霜」の字がみえます。

10月23日 霜降(そうこう)初候 霜始降花(しもはじめてふる)

霜の花が咲く
シモバシラの花
ohsakaさんによる写真ACからの写真
シモバシラという秋に花を付ける植物は9月から10月に花をつけるそうです。

シモバシラが枯れて、氷点下の早朝につくる霜の花。
シモバシラの枯れた茎に根から上がった水分が霜柱を作るそうなのです。

シモバシラ
ohsakaさんによる写真ACからの写真
なんて幻想的なんでしょう。

霜の花は、12月~2月ごろ高尾山や、奥多摩の御前山、山梨百名山の要害山などで、早朝に見られるそうです。地面にできた霜柱を踏んで歩いた子どもの頃以来、霜柱自体、もうずっと見ていない。
一つ一つ異なる表情を見せるこんな霜の花、機会があったら見てみたい。

こんな霜の花もあるようです。
霜の花
Photoseekerさんによる写真ACからの写真
氷点下10度以下の日の窓ガラスに咲いた霜の花。

高尾山、といえば大天狗がまもるお山

高尾山薬王院をまもる天狗さんたち、とてもパワフルなアイデアマンぞろいなのでしょうね。境内は石のマニ車や、石の輪をくぐりぬけて厄除け開運、錫杖を振る仕掛けもあるようです。

八大龍王は「金運・生命力UP」する銭洗い水が沸いて出ます。その銭を元手に大きく育てるよう、打ち出の小づちを持つのだそう。また、良縁を結ぶ絡み合った二尾の竜にお目にかかることができます。

奥に弁財天が祀られています。洞窟内に勝運を守護する八臂弁才天が鎮座し、洞窟外に音楽芸能を守護する妙音弁才天、洞窟の最奥に坐す福徳弁才天は、芸術、財宝、海上を守護すると言われます。

目の病気、皮膚病、イボ取りなどに霊験のあるパワースポットもあります。修験道を極めた天狗さんが病気直しをして、人々に喜ばれていたことが良くわかります。

奥の院の奥に、浅間神社があります。富士山詣での人々が、まず大山に登拝する通り道がこの高尾山で、途中富士山を遥拝したようです。ご祭神はコノハナサクヤヒメ。

花咲く高尾山です。

高尾山薬王院 概要
住所 東京都八王子市高尾町2177
最寄り駅 高尾山口
駐車場 有

【歳時記関連記事】
8月28日 「処暑」次候 天地始粛(てんちはじめてさむし)
9月2日「処暑」末候 禾乃登(こくものすなわちみのる)
9月7日「白露」初候 草白露(くさのつゆしろし)
9月12日 「白露」次候 鶺鴒鳴(せきれいなく)
9月18日 「白露」末候 玄鳥去(つばめさる)
9月23日 秋分 初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
9月28日 秋分 次候 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)
10月3日 秋分 末候 水始涸(みずはじめてかるる)
10月8日 寒露 初候 鴻雁来(こうがんきたる)
10月13日 寒露 次候 菊花開(きくのはなひらく)
10月18日 寒露 末候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
10月23日 霜降(そうこう)初候 霜始降花(しもはじめてふる)
11月2日 霜降 末候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
11月17日 立冬 末候 金盞香(きんせんかさく)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る